北海道のバナー

第1回北海道戯曲賞大賞を受賞した藤原達郎氏の新作 北九州市で公演!

皆さん、こんにちは!

 

北海道舞台塾では平成28年度「北海道戯曲賞」の募集がスタートしています。 締切は9月2日(火)必着です。応募を考えてくださっている方は、締切日はたくさんの作品が殺到しますので、できるだけお早めにご応募ください。お待ちしています!!

 

さてさて、この北海道戯曲賞は、全国から募集をしておりまして、この2年間で大賞1作品、優秀賞3作品が選ばれています。面白いのが、受賞した4作品中、3作品が九州出身(福岡、鹿児島、熊本)の方の作品だということ。北海道だけでなく全国の劇作家さんたちが本気で競い合える場になっています。

 

 

今日はそんな「北海道戯曲賞」ではお馴染みの九州から、舞台公演のお知らせが届いておりますのでご紹介します。

 

第1回目の平成26年「北海道戯曲賞」で大賞を受賞した藤原達郎さんが、自身が主宰する劇団「大体2mm」で新作を発表いたします!
前に、九州の演劇情報を発信するサイト「mola!」では「大体2mmが新作を北九州で上演することを、北海道で発表」という見出しがでていました(笑)

 

九州の演劇情報サイトmola!

 

そうなんです。藤原さんの作品「悪い天気」を、前田司郎さん(五反田団主宰)の演出で上演し、その終演後に、前田さんと藤原さんのアフタートークを行いました。そのときに「次はこんな作品を書こうと思う…」と、ふんわりとした予告をしてくださっていたんです。
せっかく北海道で発表してくださったので、北海道から北九州市や、その周辺にお住まいの皆さまに向けて、この舞台の宣伝をさせていただきます!

 

「悪い天気」アフタートーク 前田司郎氏(左) 藤原達郎氏(右)

「悪い天気」アフタートーク 前田司郎氏(左) 藤原達郎氏(右)

北海道戯曲賞大賞受賞作品「悪い天気」 公演

北海道戯曲賞大賞受賞作品「悪い天気」 公演

 

今回の舞台「退屈という名の電車の駅のホーム」は、なかなか来ない電車を退屈そうに待っている5人の男女のお話。電車を退屈そうに待っているはずが、おならが出て、体温が下がり、五円玉を拾い、袋がひかり、最終的にはピンクデーモンが現れる…そうです。
なにが起こるのでしょう。まったく予想がつきません。 少しづつずれた会話、かみ合わない出来事から生まれる不思議な空間、クスクスと笑いながら観てしまう。そんな藤原さんの世界がぎゅっとつまった新作。演出は九州で活躍している劇団「二番目の庭」の藤本瑞樹氏。藤原さんは役者で出演するそうです。

 

さらに、チケットをご予約頂いた方には、希望をすれば特典として「公演会場までの道案内をする短編小説」をPDFデータで送ってもらえるそうです。この短編小説は、藤原さんが初めて書いた小説なんだそうです!私もちょこっと読ませていただきました。劇場の場所が分からない方も、これで携帯の地図を開く必要はありません。この小説さえあれば迷わずに行けると思います。そして、劇場の場所を知っている方にも楽しめる小説になっています。
北海道舞台塾スタッフも注目の作品です。
遠方の方も、北九州に旅行がてら観にいくのも楽しいかもしれません。 沢山の方に観ていただきたい作品です!

 

 


 

2mm_ura_ol [日時]
 2016年9月3日(土)18:00
 2016年9月4日(日)13:00
 ※受付は開演の40分前、開場は開演の30分前開始

 

[会場]
 枝光本町商店街アイアンシアター

 

[チケット]
 前売 2,000円 / 当日 2,300円

 

[チケット取り扱い]
 大体2mmメール about2mm@yahoo.co.jp
 電話 080-3999-4850(飯野)

 

 

[出演]
 藤松妙子(じあまり。)/飯野智子/渡辺明男(バカボンド座)/片渕高史(宇都宮企画)
 橋本隆佑(超人気風族)/藤原達郎

 

 

◇予約特典◇

予約特典として「公演会場までの道案内をする短編小説(作/藤原達郎)」を、希望者にPDFデータで配信します。 ご希望の方は、ご予約の際に「予約特典をください」などとお書き添えください。後ほど、大体2mmのメールアドレスよりお送りします。

 

 

[お問い合わせ]
 大体2mm
 電話 080-3999-4850(飯野)
 メール about2mm@yahoo.co.jp

 

 詳細はこちら

 


 

 

藤原達郎 プロフィール

 

藤原 達郎

 

1980年生まれ。
岡山県出身。
九州大谷短期大学 国文学科 演劇・放送コース、卒業。
文学座附属演劇研究所、卒業。
福岡県北九州市の劇団、飛ぶ劇場に所属。
自身の団体、大体2mmにて作品を発表。