%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

まもなく結果発表です!

皆さま、こんにちは。 北海道舞台塾事務局スタッフです。

昨年の12月、北海道を記録的な大雪が襲いました。

冬に慣れているはずの私達もびっくりするほどの大雪。

家の前は膝まで雪が積もり、交通機関は完全に麻痺してしまう事態となりました。

北海道戯曲賞の審査員の皆さん、前日からなんとか北海道に上陸しようと方法を考えたのですが、陸路も空路も全く動かず、やむなく戯曲賞の審査会は延期となりました。

その際は、ご応募くださった皆様、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。

 

お待たせしてしまいましたが、まもなく第2次審査会を実施します。

今月下旬にはこちらのHPで結果をお知らせいたします。

その前に、もう一度、1次審査を通過した作者の方々のお名前と作品をご紹介したいと思います。

 

・イトウワカナ(北海道)  「ブルーマウンテン号の卵と間違い探し」

・合田団地  (京都府)  「船の行方知らず」

・鈴木 穣  (東京都)  「ひみつ箱」

・土橋 淳志 (大阪府)  「あの町から遠く離れて」

・中野 守  (兵庫県)  「チャットルームでなぐり合い!」

・平石 耕一 (埼玉県)  「めくじら尺」

・藤原 佳奈 (東京都)  「Sの唄」

・まき りか (東京都)   ミュージカル「DAICHI」

・村上 典子 (東京都)  「カノン」

・吉田 小夏 (東京都)  「海の五線譜」

*作家名 五十音順*

 

第2次審査の審査員は長田育恵氏、斎藤歩氏、土田英生氏、畑澤聖悟氏、前田司郎氏が担当いたします。 選ばれた作品は戯曲集として発行され、大賞は50万円(1作品)、優秀賞は5万円(2作品)を贈呈いたします。 北海道戯曲賞は今回が3回目。さてさて今年はどうなるのか。どうぞご注目ください!