pion 編集

五反田団 札幌公演 「pion」 

皆さん、こんにちは!

 

今日は、五反田団の舞台「pion」札幌公演(公益財団法人北海道文化財団主催)のご案内です。

 

北海道舞台塾でもお馴染みの前田司郎さん。最近の作品といえば、6月に映画監督作品の「ふきげんな過去」が公開されたり、さらに書籍「道徳の時間/園児の血」が発売されたばかりですが、そんな前田さんの主宰する劇団、五反田団がいよいよ9月に札幌のシアターZOOに登場します。

 

今回、前田さんは役者でも出演します!2日間だけの公演です。どうぞお早めにご予約ください!

 


 

北海道文化財団アートゼミ事業

 

「pion(パイオン)」

 

 ―前田司郎率いる五反田団が、満を持して札幌に初登場―

 

 

男は女が好き。
男は女に交際を申し込む。
女は男のどこかが気にいらない。なんかシャク。
男は食い下がり、女に話しかけ続ける。
二人は動物園にデートにやってくる。
そこで女は獣に出会い恋をする。

 

 

【作・演出】  前田司郎(五反田団主宰)
【出  演】  鮎川桃果  黒田大輔  前田司郎

 

【スタッフ】 佐野彩奈 桂田あゆみ 深見由真 アクトコール(株)

 

【チラシデザイン】 山田寛人

【宣 伝 美 術】 若林瑞沙(studio COPAIN)

 


 

~ 前田司郎さんコメント ~

 

前田司郎 HP用

北海道には何かと縁があって、北海道戯曲賞の審査もさせていただいている。審査の時に散々偉そうに言っているくせにまだ北海道で公演を打ったことが無かった。
お気に入りの居酒屋やカフェはあるのに、劇場を知らない。これはよくないとずっと思っていたから今回の公演は非常に嬉しいです。
「pion」は記憶のこと、恋愛のこと、人間と獣の違い、そんなことを考えながら、舞台でしか出来ないことをやろうと思って書いた戯曲です。
しばらく小説や映像の仕事が中心になっていて舞台をやりたい気持ちが募っていた時期に書きました。
「語り」をイメージしています。子供の頃、お母さんや、御婆ちゃん、幼稚園の先生から聞いた昔話のような芝居をつくりたかったのです。
子供の遊びみたいな、悪ふざけみたいな、そんなものをつくりたかったのです。
全然、堅っ苦しい芸術っぽい演劇ではないので気楽に見に来てください。
面白いかどうかは人それぞれなのでなんとも言えませんので、見て判断してくれたらありがたいです。
チラシには、東京公演を見てこの作品を気にいってくれた山田寛人くんが僕にくれた絵を使わせてもらいました。

 


 

【日  時】 終了しました
 2016年9月24日(土) 19:00開演 (18:30開場)
      9月25日(日) 14:00開演 (13:30開場)

 

【会  場】
 シアターZOO (札幌市中央区南11条西1丁目3―17 ファミール中島公園 B2F)

 

【チケット】
 一般/ 前売 3,000円  当日 3,500円
 学生/ 前売 2,000円  当日 2,500円

 

※ 未就学児入場不可
※ 25日(日)の終演後、出演者によるアフタートークを行います。
※ 学生券は当日学生証の提示が必要です。

 

 

【チケット取扱い】

 ●ローソンチケット(Lコード 11769)
 ●TEL 011-272-0501(平日9:00~17:30)
 ●公益財団法人北海道文化財団 WEB

チケット予約ボタン