「オノマトペ」とは…

オノマトペとは、擬音語・擬声語・擬態語のこと。

バシバシ、キラキラ、ニャーニャー、ポン、ワクワク、ツンツン、スベスベ、ザーザー…など、これ全部がオノマトペです。

物事の声や音・様子・動作・感情などを簡略的に表し、情景をより感情的に表現させることの出来る手段として用いられます。

日本語はこの「オノマトペ」が使えないとコミュニケーションは難しいと言われるほど、昔から多く存在し使われています。例えば、英語だと約300程度のオノマトペが存在するそうですが、日本語だと全体で3000をこえると言われています。