ダンスプロジェクト

HDP公演「新たなる挑戦~NEXT ONE~2020」

(一社)北海道ダンスプロジェクト(HDP)が主催する「新たなる挑戦」シリーズは、「若手振付家・ダンサーの育成」と「コンテンポラリーダンスの普及」を目的に2011年からスタートし、今回で8回目を迎えます。

事前にエントリーしているダンサーたちが、それぞれのコンテンポラリーダンス作品を発表し、発表後、そのまま観客のいる前で、ゲストアドバイザーの方々から批評を受けるという、全国的にも非常に珍しい企画として注目されている公演です。

優秀作品は“NEXT ONE賞”として賞金10万円と、次回公演での新作を発表できる特典があります。

NEXT ONE賞は誰の手に渡るのか!皆さんも審査員になった気持ちで一緒にご覧になりませんか?

その他にも、ゲスト振付家の作品や、HDP所属ダンサーたちの合同作品など、盛り沢山でお届けします。

皆様のご来場をお待ちしております。

 


 

【日 時】

 2020年1月26日(日)  開演 13:00(開場12:30)

 

【場 所】

 北海道立道民活動センター かでる2・7

 (札幌市中央区北2条西7丁目)

 

【入場料】前売・当日共通/全席自由

 2,000円

 

  TEL予約 (一社)北海道ダンスプロジェクト事務局(ダンススタジオマインド内)

        011-221-8055

 

【お問い合わせ】

 一般社団法人北海道ダンスプロジェクト

 TEL 011(221)8055(ダンススタジオマインド内)

 

 

 主催:一般財団法人北海道ダンスプロジェクト

 共催:北海道舞台塾実行委員会(北海道 公益財団法人北海道文化財団)

 後援:北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会

 助成:芸術文化振興基金助成事業

 

 

  公演チラシ

 

 


 

  ~プログラム~

 

  第1部 コンテンポラリーダンス(公開アドバイス作品)

 

  第2部 前回受賞者新作品、ゲスト振付家作品

 

  第3部 HDP合同作品

 


 

ゲストアドバイザー プロフィール

 

乗越 たかお(舞踊評論家)

 

乗越たかお写真

作家・ヤサぐれ舞踊評論家。海外でも翻訳され、ベストセラーとなった『コンテンポラリーダンス徹底ガイドHYPER』(作品社)の他、『ダンシング・オールライフ~中川三郎物語』『ドメイン~熊川哲也120日間のバトル』(ともに集英社)、『アリス~ブロードウェイを魅了した天才ダンサー川畑文子物語』(講談社)、エッセイ集『どうせダンスなんか観ないんだろ!?』(NTT出版)、講義録『ダンス・バイブル』(河出書房新社)など著書多数。
06年にニューヨークのジャパン・ソサエティからの招聘で滞米研究。07年イタリアのダンス・フェスティバル『ジャポネ・ダンツァ』の日本側ディレクター、08年よりソウル・ダンスコレクションとソウル国際振付フェスティバルの審査員。13年よりルーマニアのイースタン・コネクションのボードメンバー。その他多くのフェスティバルや財団、フェスティバルや財団、劇場のアドバイザーを務める。

HP http://www.nori54.com/

 

 

鈴木ユキオ(振付家・ダンサー)

 

suzuki

1997年アスベスト館にて舞踏を始め、2000年より自身の創作活動を開始。世界40都市を超える地域で活動を展開し、しなやかで繊細に、且つ空間からはみだすような強靭な身体・ダンスは、多くの観客を魅了している。MV出演やモデル活動、ミュージシャンとの共同制作なども行う。また、子供ダンス作品の振付・演出や、障害のある方へのワークショップなど、身体と感覚を自由に開放し、個性や感性を刺激する表現を生み出す活動を幅広く展開している。 2008年に「トヨタコレオグラフィーアワード」にて「次代を担う振付家賞(グランプリ)」を受賞。2012年フランス・パリ市立劇場「Danse Elargie」で10組のファイナリストに選ばれた。

HP http://www.suzu3.com/