富良野OB3

北の元気舞台 富良野塾OBユニット公演2019「みずのかけら」

2018年秋、2,000人が涙した 心震える「家族の再生の物語」

富良野塾OBの感動作が、さらなる進化を遂げて、遂に札幌上陸!


 

【日 時】

 2019年1月20日(日) 15時開演(14時30分開場)

 

【場 所】

 かでる2・7ホール(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル)

 

【入場料】全席自由

 一 般   前売 2,000円/当日2,500円

 小中高生  前売 1,000円/当日1,500円

 ※未就学児の入場はご遠慮ください。

 

● チケット販売

  「富良野演劇工場」   (Tel. 0167-39-0333)(※ 当日精算電話予約承ります)

  「かでる2・7総合案内」 (Tel. 011-204-5100)

 

  「CoRichチケット!」 からのご予約は、こちら から!

 

【お問い合わせ】 富良野演劇工場 Tel. 0167-39-0333

 


 

あらすじ

4人家族の朝のリビング。父、正夫は娘、息子、妻、それぞれとつまらないことで言い争いをし、ひとり、家に残る。そこへ、水先案内人と名乗る男が現れ、正夫に告げる。「あなたは、一年前に死んだ」と。正夫は突然の宣告を信じようとしないが、死を受け入れる代わりに、自分が死んだ後、家族がどう生きていくのか見たいと願う。残された家族が、それぞれ悩みを抱えながら時間を過ごしている中、男が現れてそれぞれに言葉を投げかけ、そして、去る。そして再び家族が揃ったとき、これまで語られなかった、それぞれの言葉があふれ出す。

 

 出演者

 水津  聡(富良野塾10期生)

 熊耳  慶(富良野塾8期生)

 富 由美子(富良野塾18期生)

 菊地 颯平(イレブンナイン)

 田中 雪葉(劇団ひまわり)

 大山 茂樹(富良野塾19期生)

 東 誠一郎(富良野塾17期生)

 成田 愛花(劇団ひまわり)

 栗栖 綾濃(富良野塾18期生)

 

 スタッフ

 脚本・演出  太田 竜介(富良野塾10期生)

 舞台監督   小林 彰夫(富良野塾8期生)

 音  響   三浦 淳一(富良野塾9期生)

 照  明   広瀬 利勝(富良野塾10期生)

 舞台進行   樋口 一樹(富良野演劇工場)

 


主 催

北海道舞台塾実行委員会、一般財団法人道民活動振興センター

後 援

札幌市、札幌市教育委員会、富良野市、富良野市教育委員会

協 力

イレブンナイン、劇団ひまわり、富良野塾クラブ、家庭料理・北あかり

制 作

NPO法人富良野演劇工房

<チラシ1> <チラシ2>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【北海道舞台塾FacebookとTwitterも随時更新しています!ぜひご覧下さい。 】

  FB-fLogo-Blue-broadcast-2[1]   Twitter_Logo_White_On_Blue